新約聖書

柔和な人々は、幸いである(マタイ5-5)

柔和な人々は、幸いである(マタイ5-5)

柔和な人々は、幸いである、
その人たちは地を受け継ぐ。

Blessed  are the meek, for they will inherit the earth.
(マタイ5-5)

柔和な人とは、どのような人でしょう。

にこにこ笑顔で人に接する人。
自分の話をよく聴いてくれる人。

それは決して、軟弱な人、優柔不断な人、意志薄弱な人を意味していません。

柔和な人は、心の優しい人ですが、ただ優しいだけではないのです。
自分の感情や欲求を抑え、他人を受け入れる優しさをもつ人です。

ですから、何かの問題を解決しようとするとき、自分の意見に固執せずに、人の意見に耳を傾け聞き入れることができます。

また、人の欠点や過失を見ても、怒りに自分を見失うことなく、朗らかに対応できます。
そして、試練にあっても、落ち着いて受け入れ、対処できます。

柔和な人が、寛容であり、朗らかで、冷静なのは、なぜでしょうか。
それは、自分の心を支配できているからです。

そのような人は、この世をも支配できると、キリストは言われるのです。

組織のリーダーを思い出してください。
彼らは、知恵があり、勇気や実行力にも恵まれた人でしょう。

しかし、それだけでは多くの人はついてきてくれません。

優れたリーダーたちのリーダーとなる人には、さらに柔和さが必要です。

多くの部下や家族から慕われる柔和な心をもつ人が、真のリーダーとしてこの世を受け継ぐことができるのです。