おすすめ本

おすすめできるキリスト教的な書物のリストです。

日本で発行されたキリスト教的な書物は、名著であっても現在は絶版(再版未定)になり、入手困難なものが多数あります。

そこで、ここでは、すぐにでも、ネット書店(amazon)で、(新品・中古品・kindle電子書籍のいずれかで)購入できるものに限って、次のようにご紹介します。

署名出版社、発行年月日、著者、短い説明

本の価格は、新品・中古品・電子書籍によって違いますので、リンクしたページでご確認いただければと思います。

本の数は、今後少しずつ増やしていく予定です。なお、現在、このページは、ブログ「聖書と祈りと幸いと」のヘッドMENUの最後に固定ページとしてリンクを張っています。

聖書

『聖書 旧約続編つき – 新共同訳 文庫』 日本聖書協会 (1988/11/1)共同訳聖書実行委員会 (翻訳)

『聖書 新共同訳』の、旧約聖書と新約聖書の66巻および旧約聖書続編も収められています。18年の歳月をかけて翻訳された本書は、カトリック教会とプロテスタント諸教会の祈りと、70人余りの聖書学者の英知の結集です。小型A6判で、旧約聖書続編つきの聖書としては現在日本で最も多く頒布されています。

『聖書 -原文校訂による口語訳』 サンパウロ (2013/2/4) フランシスコ会聖書研究所 (著, 監修, 翻訳)

原文校訂とは、聖書の元来の読み方はなんであったかを複合的に研究し、評価し、決定しながら、より神のみことばに近い聖書(オリジナル)を実現する作業です。持ち運び便利なB6判サイズ。本文総カナ、ソフトカバー、旧・新約インデックス付きで、さらに活用しやすくリニューアル化されました。

手塚治虫の旧約聖書物語 (集英社 ヤングジャンプコミックス) 文庫 – 1999/9/17
手塚プロダクション (著), 手塚 治虫 (著)

神と人とがおりなす壮大な叙事詩。「天地創造」から「イエスの誕生」までを手塚治虫が美しいアニメでわかりやすく再現。親子で親しめる決定版。第1巻「天地創造」第2巻「十戒」、第3巻「イエスの誕生」の全3巻。

キリスト教を知る書物

小説

塩狩峠 (新潮文庫) –(1973/5/29)三浦 綾子 (著)

明治末年、北海道旭川の塩狩峠で、自らを犠牲にして大勢の乗客の命を救った一青年の、愛と信仰に貫かれた生涯を描き、生きることの意味を問う感動の長編小説。

純からの贈り物 (パウロ文庫)  – 1996/5/3 坂牧 俊子 (著)

神の存在とは? 信仰とは? 宗教とは? 運命とは? ヒトの自由意志とは?
青春小説を通して、わかりやすくキリスト教の答えを提示してある。

エッセー

道ありき 青春篇 (新潮文庫) 文庫 – 1980/3/27 三浦 綾子 (著)

教員生活の挫折、病魔――絶望の底へ突き落とされた著者が、十三年の闘病の中で自己の青春の愛と信仰を赤裸々に告白した心の歴史。

永井隆 名作全集: (Kindle版) (永井隆文学研究会) 2021/7/23 永井 隆 (著)

「この子を残して」「長崎の鐘」「ロザリオの鎖」など、永井隆の名作、代表作、関連作品をとりまとめた文学全集の電子書籍。

ルルドへの旅 – ノーベル賞受賞医が見た「奇跡の泉」(中公文庫) 文庫  2015/10/23 アレクシー・カレル (著), 田隅 恒生 (翻訳)

20世紀初頭、若き医師がルルドの地で目撃した、不治の病にある一女性に起こった奇跡。

伝記・歴史

教会の聖人たち上巻 全面改訂版 サンパウロ – 2016/10/17
池田 敏雄 (著, 編集)

本書は、親しみやすい現代の聖人、特に来日している修道会の創立者のうち福者・聖人を選び、カトリック教会暦に従って配列し紹介している。
1月から6月まで。

教会の聖人たち下巻 全面改訂版– サンパウロ – 2017/11/1
池田 敏雄 (著)

上巻に続き7月からの聖人を掲載。第二バチカン公会議の決議文書に沿った使徒伝来の教会の在り方も着目しながら、私たち一般信徒の信仰を育てることを意識した「現代版カトリック聖人伝」である。

人間の分際: 神父・岩下壮一 (聖母文庫)  – 2007/7/1 小坂井 澄 (著)

大物実業家の息子として生まれた岩下壮一が、学者として将来を期待されながら聖職者への道へと進み、ハンセン病患者の病院院長に就任し、一生を終えるまでの軌跡。

長崎のコルベ神父 (聖母文庫) 2010/12/25 小崎登明 (著)

後にアウシュヴィッツで身代わりとして殉教した聖コルベ神父の間的苦悩のなかでも信仰と愛に生きた長崎での6年間の伝記。

乙女峠―津和野の殉教者物語   – 1952/9/20 永井 隆 (著)

キリシタン信仰を守るために、鮮血に染められた長崎から流配の地”津和野”へ流された28名の足跡をたどった信仰の実話を収録。

祈りのしおり

イミタチオ・クリスティ キリストにならいて (講談社学術文庫) – 2019/12/12
トマス・ア・ケンピス (著), 呉 茂一 (翻訳), 永野 藤夫 (翻訳)

文章のわかりやすさ、章節の短さなどから、また救いに繋がる安らぎと瞑想を誘う深みを与えることから、中世以降現代まで『聖書』に次いで読まれたとされる書。

霊的書物

 

児童書・絵本

 

要理・教導職

カトリック教会のカテキズム – 2002/7/31
日本カトリック司教協議会教理委員会 (翻訳)

本書は教皇任命による教皇庁諸庁の要員からなる委員によって編纂された「使徒継承の信仰に関する新しい権威ある解説書」(教皇使徒的書簡「大きな喜びをもって」)です。聖職者や修道者ばかりでなく一般信徒にとっても、信仰生活の助けとなるテキストとして「カトリックの信仰と教理とが誠実に体系的にまとめられ」(同前)ています。

カトリック教会のカテキズム要約(コンペンディウム) – 2010/1/22
日本カトリック司教協議会常任司教委員会 (翻訳)

本書は、『カトリック教会のカテキズム』の「忠実かつ確実な要約」です。本文は598の問いにより構成された問答形式で「教会の信仰の本質的かつ根本的な要素」を「簡潔な形で」提示しています。

 

哲学・神学

カトリックの信仰 (ちくま学芸文庫)  – 2015/7/9 岩下壮一 (著)

神の知恵への人間の参与とは何か。近代日本カトリシズムの指導者・岩下壮一が公教要理を詳説し、キリスト教の精髄を明かした大著。Kindle版もあり。