新約聖書

赦し合いなさい(コロサイ3-13)

赦し合いなさい(コロサイ3-13)

互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。
主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい。

Bear with one another and, if anyone has a complaint against another , forgive each other; just as the Lord. Has  forgiven you, so you also must forgive.
(コロサイ3-13)

自分に悪意をもち、自分に害を与えた人を赦すのは容易なことではありません。
赦すためには、三つのことが必要です。

まず、理解すること。

あの人は、あのとき、ずいぶん疲れていたから、あんなことを言ったんだ、と言い訳をさがしてあげること。

二つ目、忘れること。

小さなことをいつまでも根にもたないで、気にしないこと。
たぶん、相手はとっくの昔に忘れているか、気づいてもいないかもしれません。

そして、三つ目は、愛することです。

でも、自分に悪意をもつ人を愛するのはとても難しいことです。

ただしキリスト教の愛は、ギリシャ語の「フィリア」(感情的な愛)ではなく、「アガペー」(理性的な愛)です。

相手を感情的には受け入れられなくても、嫌いなままでもいいのです。
その人にごくふつうに親切な行いをしてあげるのです。

わたしたちも実は、神さまから赦され愛されています。

十字架のキリストをじっとみつめてみてください。
キリストは、わたしたちの罪を赦し、償うために、数々の重い苦しみを忍ばれました。

わたしたちは、人を責めるより、苦しみながらも人を赦すことが求められているのです。