心の灯

愛でる~聖母マリアにロザリオの祈りを唱える 

5月は聖母月。マリア様の月です。

イエス様は十字架上で亡くなる前に、マリア様を私たち皆の母としました。

以来、マリア様は、全人類の母として、天国から私たちを、愛情深い眼差しをもって、いつも見守り助けてくださっています。

マリア様は、優しさそのもの、慈愛そのもののお母さんです

神であるイエス様も、このお母さんの頼みを拒むことはできませんでした。

二人で参加したカナでの結婚式で、マリア様の望みに応じて、水をぶどう酒に変えるという最初の奇跡をおこなっています。

まだ奇跡をする予定ではなかったのに、マリア様の頼みを受け入れたのです。

困っている時、苦しい時、辛い時、私たちも、母であるマリア様に助けを求めるとよいでしょう。

この世の母親も、弱く、危機にさらされているわが子が助けをもとめるなら、決して手をこまねいてはいません。

また、母親にとって一番涙の種になる子どもは、一番いとおしいものです。

ましてや神の母であり、私たちの母であるマリア様です。私たちが、困っている時、見捨てることがあるでしょうか。

泣き叫ぶ子どもを放っておくことがあるでしょうか。

マリア様 は、神様の最高の仲介者として、きっと適切な取りなしをしてくださるでしょう。

この世での私たちの生活は、楽しい時もあれば、苦しみや悲しみをともなう辛い時もあるのは避けられません。

しかし、マリア様と共に歩めば、天国に続くこの旅路はきっと喜び愛情に満ちた、心強いものになります。

5月。特にロザリオの祈りを、一つ一つの花を愛でるように、丁寧に唱え捧げることができればと思います。

祈る時、誰もがマリア様と共に歩み、生きることができます。

ラジオ「心のともしび」2017年5月放送原稿