心の灯

先取り~洗礼とゆるしの秘跡は永遠の幸福の先取り 

一生の間に、私たちは度々、天国の永遠の幸福を先取りするように味わうことができます。

たとえば、自分の罪がゆるされるときです。

一般に罪は、私たちを悲しみに沈めます。

罪を犯す時、表面的にあるいは一時的に快楽を味わうこともありますが、それは人間の本質的な喜びではなく、永遠の幸福と結びつくものではありません。

罪の状態にある時、人は良心に痛みを感じ悲しみや憤りを覚えます。

その痛みや悲しみを拭い去ろうと、酒や薬におぼれてみたり、快楽の奴隷になったりします。

しかし、感覚がマヒすることで一時的に忘れることができても、罪自体を拭い消すことができず、本質的な痛みや悲しみはいつまでも残ります。

そして、永遠の幸福を得る権利をなくしてしまうこともあるのです。

罪がゆるされるには、悔い改め、ゆるしてもらわねばなりません。

神さまは、私たちの悔い改める心を決して軽んずることはありません。

「わたしが来たのは正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである」(マタイ9章13)

神であるキリストは、私たちの罪をゆるし、天国への門を開くためにこの世に来られた方ですから。

そうして、私たちを天国の永遠の幸福に導きいれたいと考えておられます。

この地上で、神さまに立ち戻り、本当の幸福を得るための道は、洗礼を受けることです。

洗礼によって、すべての罪と罰がゆるされます。

そして、洗礼後におかした罪はゆるしの秘跡によってゆるされます。

そうして迷った羊、放蕩息子である私たちは、恩恵とともに喜びを取りもどすことができます。

その喜びは、天国で神さまと共にある永遠の幸福つながっていくものです。

ラジオ「心のともしび」2017年6月放送原稿