心の灯

新たな一歩~今日、今、始めるのがちょうどいい 

さあ、心機一転。

新たな気持ちで一歩を踏みだす日がやってきました。

特に年の初めには、何か初々しい気持ちになり、夢や目標に向かってスタートしやすくなるものですね。

ただ、節目の良い時でなくても、新たな一歩を踏み出すことはできます。

それは、いつでしょう。
今日、今です。

新たに始めるとすれば、精神的にも体力的にもエネルギーが必要となります。やらないほうが楽です。

先延ばしにする理由はいくらでもあります。

時間がない、準備ができていない、明日からでも遅くない、と考えて、結局何もしないのが人間というものです。

そういう態度が、慎重なのか臆病なのか、賢明なのか怠慢なのか、わかりません。

ただ、私はしなかったことを後悔するより、やってみたほうが人生は断然楽しくなると考えています。

自分の殻にこもっていると安心・安全かもしれません。

でも、外に飛び出して、様々な人と出会い、いろいろなことをやってみるほうが、ハラハラドキドキ、ワクワクウキウキして、何十倍も楽しいでしょう。

ですから、思い立ったら吉日です。

やろうかなと思ったときがチャンスです。

今日、今、始めるのがちょうどいいのです。

始めれば、一歩前進。

スタートすれば、勢いがつきます。

慣性の法則で、あとは楽に動けます。途中でうまくいかなくなれば、やり直せばいいのです。

これは、私たちの人生の到達目標である天国への歩みにも言えることです。

天国への道の途上で私たちは、つまずき、倒れることがあります。

けれども、反省し、起き上がり、また歩みを続けようとすれば、神様はいつも許し、助けてくださいます。

新たな気持ちで歩み始めることは、今日、今からできるのです。

ラジオ「心のともしび」2018年1月放送原稿