心の灯

ゆるし・いやし~いつでも何度でも

「罪を憎んで人を憎まず」と言います。

できれば、人を憎まず、怒りをもたず、気持ちよくゆるしたいものですね。

例えば、誰かが自分との約束を忘れてしまったとき、ゆるせるでしょうか。

自分だって同じことがあったと気づけば、ゆるせるでしょう。

あるいは、あの人も物忘れが多くなっただろうからと、相手の弱さを思いやれれば、ゆるせるでしょう。

「仏の顔も三度まで」と言われますが、三度ゆるせるなら、あなたは仏様のように優しい人かもしれません。

でも、それ以上になると、どうでしょう。

「これで連続六回目。あいつ、何を考えてるのか!」と、私なら多少腹が立ってくると思います。

それでも、イエスは「ゆるしなさい」と言われます。

弟子のペトロが、「主よ、兄弟が私に罪を犯したなら何回赦すべきでしょうか。七回までですか」と聞いたとき、七回どころか「七の七十倍まで赦しなさい」と言われたのです。(マタイ18 21~22より)

七の七十倍、つまり何度でも、限りなく、ゆるしなさいと。

こんなとんでもなく難しいことを臆面もなく言えるのは、イエスが神様だからです。

約束を忘れた程度ではなく、明らかに自分を侮辱したり悪意をもって嫌がらせをしたりする人を、心からゆるすのは、誰にとっても大変難しいことです。

でも、神様ご自身は、私たちが悔い改めれば、いつでも何度でもゆるしてくださいます。

神様が人間となってこの世に来られたのは、私たちの罪をゆるし、あがなうためでした。

十字架の犠牲によって、私たちはあがなわれ、永遠の幸福に至る門が開けたのです。

この慈悲深い神様に感謝しながら、私も慈悲の心をもって人に接し、心からゆるせる人になりたいと思います。

ラジオ「心のともしび」2018年2月放送原稿