心の灯

目覚める~心を強くする習慣 

目覚める~心を強くする習慣

「英雄的瞬間」という一般にはあまり知られていないことを、私が勤務していた学校では、小学1年生から高校3年生までの子どもたちに、毎年数回繰り返し、教えています。

それは、この「英雄的瞬間」が子どもたちの健全な育成だけでなく、大人になっても非常に大事なものだからです。

それに、一度聞いて理解しただけでは役に立たたず、実行し習慣づけるために、何度も繰り返すことが必要だからです。

「英雄的瞬間」とは何でしょうか。

それは、何か良いことをするために自分の弱さと英雄的に戦う短い時間のことです。

この時間は短ければ短いほど良いとされます。

できれば一瞬。

この瞬間に素早く英雄的に戦い、勝ちを収めれば、意志は強く堅固になり、多少の困難にも負けず、自分の目標を達成できる人になっていきます。

例えば、勉強や仕事をやり始める時の英雄的瞬間。

やりたくないな、怠けたいなという気持ちに打ち勝ち、サッと取りかかる。すると、その後の勉強や仕事はスムーズにいきます。

学校では、まずは「朝の英雄的瞬間」への取り組みを勧め、私も努力してきました。

朝、決めていた時間に目が覚めたら、グズグズしないで、パッと寝床から跳ね起きる。それによって、この戦いに勝つことができます。

「朝の英雄的瞬間」は、1日に1回ですが、ふとんの暖かさが恋しい真冬でも、肉体が疲労困ぱいする日でも毎日続けるのです。

すると、意志は、日ごとに強く堅固になっていきます。

こうして、一日の始めに勝利を収めれば、他の場面でも自分の怠け心に勝てるようになり、その後の祈り、勉強、仕事などは実行しやすくなります。子どもだけでなく、大人にもお勧めできる習慣です。

ラジオ「心のともしび」2018年4月放送原稿