心の灯

クリスマスのメッセージ~絵本『もうひとりのはかせ』

ヴァン・ダイク原作の絵本『もうひとりのはかせ』(新教出版社)をご紹介します。

主人公のアルタバンは、誕生する救い主に拝謁しようと、3人の博士と約束していました。

しかし、彼は旅の途中で出会った病人を介抱したため、待ち合わせに遅れます。

しかも出費を補うため、救い主に捧げる3つの宝石の1つを売ってしまいました。

遅れて着くと、ヘロデ王から付近の赤ん坊をすべて殺せと命じられた兵隊がやってきます。

彼は2つ目の宝石を隊長に渡し、一人の赤ん坊を救います。

その後、救い主と両親が逃げたというエジプトに行って探しますが、どこにも見つかりません。

33年が経ち、年老いたアルタバンは、エルサレムを訪れます。

街は、イエスという男が磔の刑になることで大騒ぎでした。

その人が救い主だと悟ったアルタバンは、残る宝石で助けようと急ぎます。

しかし借金のために売られていく娘に出会い、最後の宝石を渡して助けます。

突然に、空が暗み、地が揺れ動き、彼は落石で頭に怪我をします。

その時、空からイエスの声が聞こえてきました。

「アルタバンよ、ありがとう。あなたはわたしが飢えている時、食べ物を与え、のどが渇いている時、水を差し出し、病気になったり、牢にいたりした時、訪ねてくれた」

アルタバンは驚いて聞き返しました。

「いつわたしがそんなことをしたでしょうか。わたしは、あなたに一度もお会いしたことはなく、お役にたったこともないのです」

すると、また声が響きました。

「わたしの兄弟である最も小さな者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことだ」

驚きと喜びに顔を輝かせたアルタバンは、静かに息を引き取りました。

いつも神は、与える人を祝福されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:ラジオ「心のともしび」2018年12月放送原稿

この話が待望の絵本になりました。

絵本『もうひとりのはかせ』(新教出版社)原作ヴァン・ダイク 文:中井俊已 絵:おむらまりこ(2018年10月発行)