心の灯

ホッとするとき~罪のゆるしのあとの平安と喜び

忙しい毎日の中でも、ホッとできるときが誰にでもあることでしょう。

例えば、お風呂につかって疲れをいやすとき、家族と一緒においしいご飯を食べるとき、温かいふとんのなかで疲れた体を横たえるとき、など。

ところで、私にとってもっとホッとできるのは、神様から自分の罪がゆるされたときです。

神様は、罪人をゆるし、救うためにこの世に来られた非常に憐れみ深い方です。

私たちが自分の過ちを認め、悔い改めればとても喜んでくださるのです。

聖書でイエスは、「放蕩息子のたとえ」を使って、私たちが悔い改めたときの神様の慈悲深さと喜びを語っています。

「まだ、遠く離れていたのに、父親は息子を見つけて、哀れに思い、走り寄って首を抱き、接吻した。

息子は言った。『お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません』

しかし、父親はしもべたちに言った。『急いでいちばん良い服を持って来て、この子に着せ、手に指輪をはめてやり、足に履物を履かせなさい。食べて祝おう。この息子は、死んでいたのに生き返り、いなくなったのに見つかったからだ』。

そして祝宴を始めた」(ルカ15-22~24)

罪のゆるしは、洗礼を受けたカトリック信者なら、キリストが制定した「ゆるしの秘跡」によって与えられます。

そうではない方は、洗礼を受けることですべての罪がゆるされます。

私たちは、どれだけ失敗し、傷つき、倒れても、再び立ち上がり、何度でもやり直すことができます。

ときに放蕩息子のような私たちは、罪がゆるされることで、平安と喜び、そして生きる力と恵みを取りもどすことができるのです。

ラジオ「心のともしび」2019年4月放送原稿