心の灯

父のぬくもり~寡黙な父からひどく叱られたこと

今年92歳となった父は、87歳になる母と故郷で元気に暮らしています。

小学三年生の頃、普段は寡黙な父からひどく叱られたことがあります。

その時私は、部屋の中で相撲遊びをしていました。一人で力士二人の役をして、実況アナウンスも自分でやる変な遊びです。

土俵際に追い込まれた力士のマネをして、「危ない。もう、ダメです。中井山、もうダメです。もうダメです」などと叫んでいたところでした。

となりの部屋にいて聞いていた父が、突然に大声で怒鳴ったのです。
「ダメ、ダメって、そげん簡単に言うな!」

唖然としました。遊びで言っているのに、なぜそんなにも真剣に叱るのか、釈然としませんでした。父もそれ以上のことを言いませんでしたから。

けれども、歳月を経て、教師になった私は、人様に同じことを言うようになったのです。

「ダメだなんて、言わないでくださいね。よけい自信をなくします。やる気もなくして、自分はダメな人間なんだと思い込みます。特に親が子どもに言う場合は強い力をもちます。言葉って、人の心や運命を変えるんですよ」

父のあの時の厳しい言葉はずっと私の記憶のなかにあり、現在の私を作り、人様にも伝えたいものとして育っていたのです。

さて、聖書を読むと、父である神の私たちへの様々な命令が記されています。

それらを厳しいと感じることがあるかもしれません。なぜそう言われるのか、その時は釈然としないことがあるかもしれません。

けれども、歳月を経て、その厳しい言葉は、子を思う父の愛から出たものであることに気づくでしょう。

父である神の厳しくとも温かい言葉は、私たちをこの世と天国の幸福に導くものなのです。

ラジオ「心のともしび」2019年6月放送原稿