時間という宝

時間を厳守して時間を活用する

時間厳守ができると様々な良いことがあります。

時間厳守ができる人の優れた徳について考えてみたいと思います。

生活態度・学業成績が良い

私は職業がら、毎日のように学校で児童・生徒の「遅刻」や「宿題の提出」と向き合ってきています。

二十年間の教師生活を続けているうち、この二つが徳を計る上でも重要なポイントとなるのを知ることができました。

たとえば、遅刻が多いということは、それだけで生活態度のル-ズさを表します。意志の弱さをもあらわしています。

そのような意志と生活態度で、勉強をしようと思っても、なかなかうまくいきません。

ところが、遅刻をまったくしない人は違います。一般に意志や責任感が強く、勉強への意欲と持続力があります。

知能検査で同じ程度のIQをもつ子供を比較した際、学力的に伸びていのはこのタイプの子供です。

このことは、宿題の提出にも言えることです。宿題も、提出すべき日時に遅れずに出すという点で、時間厳守の一つです。

宿題や提出物が決められた日までにきちんと出せる人は、生活態度もきちんとしています。学業成績もたいてい優秀です。

仕事がよくできる

このことは社会人でも同じです。

社会で、いわゆる仕事のできる人は、時間厳守ができます。仕事のよくできる人は、約束の時間に遅れて、相手の時間を浪費させたり、心配をかけたりすることはまずありません。また、しなければならない仕事を遅らせて、多くの人に迷惑をかけることもありません。

それどころか、約束の待ち合わせ場所に、五分以上前には到着して相手を待っています。また、納期のある仕事は、期限ぎりぎりに仕上げるのでなく、いくらか早めに仕上げています。その方がまわりの人が助かるからです。

時間を守る人は、自分の時間だけでなく、他の人の時間や気持ちも思いやり大切にしているのです。当然ながら、このような人はやはり多くの人から信頼されています。

私の知り合いのあるビジネスマンはそのような人です。私よりも年齢が上で、社会的にも立派な方なのに待ち合わせ場所には、いつも先にいらしてくださいます。

その方とこれまで四回お会いしたことがあります。一度目と二度目は、京都から私が研修をしていた芦屋市まで来てくださいました。三度目と四度目は、東京新宿の私の宿泊先と四谷のイグナチオ教会の前でした。

ある時、「私は約束の時間には、絶対遅れません」と明言され、びっくりしたり、なるほどとうなずいたりしたのを覚えています。

これまで人との約束の時間を細心の注意をもって守ってきた彼の信念と実績から、自然と口に出てきたのだと思います。

当然のことながら、このような人は仕事がよくできます。ちなみに、彼は現在、ある大手出版社の取締役として活躍しておられます。

徳を磨き、信頼を得る

「時間厳守」がその人の徳を磨き、まわりの人からの信頼を得ることができるのは、学生やビジネスマンの世界に限ったことではありません。

家族生活や友人とのつき合いなどにおいても同じです。

約束の時間を守るということで、私たちは相手を敬う気持ちを示し、相手からも敬っていただくことができます。

「時間厳守」は、難しいことです。

しかし、「時間厳守」には、たくさんの宝がつまっているのです。