心の灯

その時「わたし」は~コマ切れ時間を活用する

「忙中閑あり」と言いますが、忙しい一日の仕事の合間にふと時間が空くことがあります。

五分、十分というわずかなコマ切れ時間です。でも、たかが五分とバカにはできません。それが、一日六回あれば、一日で三十分。一か月でなんと十五時間にもなります。

十五時間あれば、本が何冊も読めるでしょう。わずか五分も、まさに塵も積もれば山となるのです。

しかし、この短い時間を活用するのは案外難しいものです。もともと予定されていた時間ではないので、ついうっかりボンヤリと過ごしてしまうことがあるからです。

ですから、あらかじめ何をするか考えておくと良いのではないでしょうか。さらに、紙に書いて「五分間時間活用リスト」を作っておくと便利です。

例えば、「軽い運動をする」「身の回りの整理整頓をする」「メールに返事をする」「新聞を読む」「音楽を聴く」など五分間でできることは結構あるものです。

私は、コマ切れ時間があれば、まずは「祈る」と決めています。

幸い近くに静かでお祈りできる場所がありますので、足を運び、短い祈りの時間を過ごすことがあります。

また、椅子に腰を掛けたまま少し姿勢を正して、祈りのカードや聖母の絵に目を向けることもあります。

目的は、神様を思い出し、心を神様に向かわせることです。

「神様、今日これまでの仕事を捧げます。あなたのために、家族、友人のために、もっとよく仕事ができるようにお助けください」

心を神様に向けていると、気持ちがリラックスしてきます。そして、仕事や家族、友人のためにふっと何か良いアイディアが浮かんでくることがあります。

短いけれど、仕事の合間の祈りは貴重な時間となっています。

ラジオ「心のともしび」2020年2月放送原稿