新約聖書

あなたがたも人にしなさい。(マタイ7-12)

あなたがたも人にしなさい。(マタイ7-12)

だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。これこそ律法と預言者である。

In everything do to others as you would have them do to you ; for this is the law and the prophets.
(マタイ7-12)

・・・・・・・・・・・・・

これは、イエスが語られる「隣人愛」を表した言葉です。

儒教の教えにも似たような言葉があり、日本でもよく知られていますね。
「己の欲せざる所、人に施すなかれ」
つまり、「自分がしてほしくないことは、他人にもするな」ということですが、これも隣人愛のひとつです。

日本ではよく、「人に迷惑をかけないように」と言われます。
これはとても大切なことだと思います。

たとえば、バスや電車などの公共の場で自分勝手な行動をしていては当然のことながら、他の人に迷惑をかけます。

これは親も教師も子どもにしっかり教えるべきマナーなので、「バスや電車で騒がないように、人に迷惑がかかるから」と、わたしもこれまで繰り返し、学校で子どもたちに言ってきました。

けれども、「~しない」という控えめな態度も大切ですが、それだけはなんとなく物足りないような寂しいような気がします。

もう一歩踏み込んで、「自分がしてほしいことを他人にもしてあげる」という積極的なふれあいにこそ温かな人間らしさを感じます。

たとえば、バスや電車に乗ったときは、
「お年寄りの方がいらっしゃったら、席をゆずってさしあげなさい」と、子どもに言うだけでなく、自ら進んでそうしてみる。
そういう行いも、この言葉にこめられた隣人愛ではないでしょうか。

拙著『教養として知っておきたい聖書の名言』