新約聖書

茨が伸びてそれをふさいでしまった(マタイ13-7)

茨が伸びてそれをふさいでしまった(マタイ13-7)

ほかの種は茨の間に落ち、
茨が伸びてそれをふさいでしまった。

Other seeds fell among thorns, and the thorns grew up and choked them.
(マタイ13-7)

・・・・・・・・・・・・・・・

これは、有名な「種を蒔く人」のたとえ話の一部です。

種を蒔く人が蒔いた種は、落ちた場所によって運命が変わります。

ある種は道端に落ちて、鳥が来て食べてしまいます。

ほかの種は、石だらけで土の少ないところに落ちます。
すぐに芽を出しましたが、そこは土が浅いので根がないで枯れてしまいます

そして、ほかの種は茨の間に落ちて、茨が伸びて種の成長をふさいでしまうのです。

イエスは、聞く人が分かりやすいように、当時の人々にとって身近なたとえ話をしました。
そのたとえ話には、現代にも通じる真実があります。

種というのは、神の御言葉のことです。
また、種が落ちた場所はそれ言葉を聞いた人の心を表します。

道端は、御言葉を聞いても受け入れない人のこと。

石だらけの土の少ないところは、はじめは喜んで受け入れても根がないので、艱難や迫害があれば、つまずいてしまう人のことです。

茨のあるところは、御言葉を受け入れますが、世の思い煩いや富への誘惑が御言葉をふさいで、花も咲かず、実りも生まない人のことです。

イエスが生きておられた時代も、現代も同じです。

神の御言葉である聖書を読んで、受け入れる人もいれば受け入れない人もいます。
喜んで受け入れても、後で捨てる人もいます。
知識として知っていても、行いに結びつかない人もいます。

今も、この聖書の言葉は、現実として繰り返されているのではないでしょうか。

蛇足ですが、ミレーの名画「種を蒔く人」をかりて、社のマークにしている著名な出版社がありますよね。岩波書店さんです。
出版の仕事というのは、世の中に種を蒔く仕事なのかもしれません。