新約聖書

子供のように(マタイ18-4)

子供のように(マタイ18-4)

心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない。
自分を低くして、この子供のようになる人が、天の国でいちばん偉いのだ。

Unless you change and become like children, you will never enter the kingdom of heaven. Whoever becomes humble like this child is the greatest in the kingdom of heaven.
(マタイ18-3~4)

・・・・・・・・・・・・・

「いったいだれが、天の国でいちばん偉いのでしょうか」(マタイ18-1)という弟子たちの問いに対するイエスの答えです。

イエスに選ばれた弟子たちは、漁師や税吏などを仕事にしていたごく普通の人々でした。
ときには、だれがいちばん偉いのかということで、言い争うことがありました。

それぞれに言い分があり、また自分のプライドもあったのでしょう。
議論の末に、では先生に尋ねてみようということになったのです。

彼らには、モーセ、アブラハム、ダビデなど、旧約時代の義人たちのうち、だれの名前が告げられるのか、という尽きぬ興味があったと思われます。

あるいは、いまイエスに従っている自分たちから選ばれるかもしれない、という淡い期待もあったことでしょう。

しかし、イエスの答えは彼らのまったく予期せぬものでした。

イエスはひとりの子供を呼び寄せ、弟子たちの中に立たせて、「子供のようにならなければ、決して天の国には入ることができない」と言われたのです。

幼く純真な子供を目にしながら、それまで熱く言い争っていた弟子たちの高慢心は、このときいっぺんに萎んだことでしょう。

この世でどれほど力があり、知識があり、富をもっているかは大切ですが、天国に入るためにはあまり役に立たないようです。

どれほど力があり、知識があり、富をもっていても、子供のようになれる人。
自分を低くして、謙遜で素直になれる人。

天国の門はそのような人に開かれているのです。