時間という宝

時間の活用は、目的達成にある

時間の活用は、目的の達成ということに関係があります。

よく知られているイソップ童話の「うさぎとかめ」の話を思い出してみましょう。

「うさぎとかめ」の話から

ある日、うさぎとかめが競走をしようということになりました。走ってみると、うさぎはかめがあまりにも遅いので油断し、途中で居眠りをしてしまいます。

ところが、かめはひたすら走り続け、うさぎより先にゴールインしてレースに勝つのです。

この話の中で、かめはうさぎよりも時間をうまく活用できたということができます。

うさぎもかめも同じ距離を走りましたが、相手よりも先にゴ-ルするという目的を達成できたのは、かめの方だったからです。

うさぎの方は、レースに負け、面目丸つぶれとなってしまいました。

うさぎにとって、走った時間も居眠りをしていた時間も無駄でした。

それどころか、あとで悔やんでも悔やみきれない時間の使い方をしてしまったのです。

時間は、目的が達成されたときに活用されたということができます。

また、目的が達成されつつあるとき、目的に向かって進んでいるときにこそ、時間は活用されているのだと言えるのです。

例えば、試験に受かりたいという目的を持つ人がいるとします。

その人にとって、その目的のために時間をとって勉強することは、時間を活用することになります。

しかし、もしその勉強時間にテレビを見たり居眠りをしたりすれば、時間を無駄にしてしまったと言わざるを得ません。

試験に合格したいということ以外にも、人はそれぞれ目的を持って生活しています。

その目的をはっきり意識して、そのために時間を使うということは、時間の活用の大事な条件となるのです。

人生の目的とは?

ところで、人生の誰にも共通する目的は何でしょうか。

その答えを探し求めている人は、大勢いることでしょう。

確信が得られずに、自分がまるで暗闇の中で光を求めさまよっている旅人のように感じることもあるでしょう。

自分の進むべき道が見えず、人生は苦しみの連続だと思い込むときもあるでしょう。希望を失い、自殺する人も出てきます。

また、人生の目的を、金もうけ、社会的地位の向上、名誉の獲得、あるいは快楽の追求などと考えている人もいます。

「楽しければいいじゃないか」とその時の気分や時代の流れに身を任せ、自己の信念を持たないかのような若者も少なくはありません。

しかし、そのような人々は、精力的にあるいは流動的に動いてはいますが、いつまでたっても満たされない思いを繰り返すだけです。

それは、まるで砂で家を造ろうとする行為に似ています。

刹那的で、はかなく、いつかは壊れ、なくなってしまう物を求めているからです。しかも人間の欲望は限りがなく、欲望を満たそうとしても、常に満足することなどあり得ないのです。

人生の目的を人間の創造主である神抜きに考えれば、人間の限られた知性が生み出した独りよがりに陥ってしまう危険があります。

私たちは神にこそ、その答えを求めるべきなのです。

カトリック教会では、人生の目的を次のような実に簡潔な言葉で伝えています。

「神を知り、神を愛し、神に仕え、永遠の幸福に入ること」

神が、人間をどのような意向で造られたのか。まさにそこに、私たちの生きる目的があるのです。